【実体験】外貨積み立てのデメリット【後悔してます】

家計簿・節約

このブログは、「良いと思ったものをおすすめする」ことを大切にしようと思っています。

が、これだけは、絶対におすすめできない!と思うことがあります。それは

外貨積み立て

です。

mgmgは2016年初~2017年初の1年間、某M メガバンクでの外貨積み立てをやっていました。

毎日500円ずつコツコツと、1年間。254日。

トータルで127000円払いました。積み立てたのは1170ドル。

しかし、2016年といえば、ドル円相場が120円~100円と大幅に揺れた一年間でもありました。

127000円÷1170ドル=108.54円/ドル(1年間の平均レート)

そして、2020年8月23日現在。

ドル円レートは 1ドル105円。

円に換算すると・・・122850円です。5000円の元本割れ!!!

もちろん、外貨預金のリスクについて銀行の方からは説明を受けました。

たかが1年間というものの、不勉強・知識不足の状態で手を出してしまったことを後悔しています。

mgmg
mgmg

私と同じような思いをする人が出てほしくない!

という一心で、今日は書きます。5年前の自分に見せたい。

この記事で分かること
  1. 外貨積み立てのデメリット
  2. 2020年8月現在の出口戦略
  3. 外貨積み立てに替わる 投資は?

スポンサーリンク

外貨積み立てのデメリット 

ドル円相場のレートが読めない  

積み立てをしていたときよりも、円安が進めばいいのですが。ここ最近は110円をつけることもあまりないです。

11月の大統領選挙でも、円安に進むのか、それとも円高が進むのか、予想はとても難しいです。

為替手数料が高いわりに、利率はよくない

外貨預金のメリットは「利率が良いこと」ですが。

実際に外貨預金をしてみて思うことは、「為替手数料をカバーできるほどの利率ではない」ということです。

確かに、利息だけで言えば、日本の銀行に預けておくよりはよいですが、為替手数料を入れると、むしろマイナスか?という感覚です。

出口戦略:マイナスにならないタイミングで円に戻す  

ここ数年間、外貨預金は塩漬け状態だったのですが、待てど暮らせど円安にならないので、出口戦略を考えました。

1ドル110円になったら円に戻す 

先ほどの計算で、平均レートが108円であることが分かりました。

為替手数料を考えても110円になれば、元本割れはなくなるので、それまでは待とうと思います。

1ドル100円を切ったら損切り

個人的には「ネット銀行があれば十分」と思っているので、メガバンクは解約したい、という気持ちがあります。住所や名義変更など、ネット銀行に比べると、とても手間が掛かるからです。

このまま持っていても、円高が進む可能性もあります。

100円よりも円高が進んだら、潔く損切りします。マイナス分は勉強代ということになりますね。

外貨積み立てに替わる投資は?  

2016年に戻れるとしたら、、、外貨積み立てに替わる方法を考えました。

知識がないうちは、ひたすら貯金。

  • 外貨積み立てのリスクについて、「うーん。よくわからないな。」といううちは、
  • ひとまず「日本円で貯めておく」という方法がベストです。
  • 元本割れのリスクはありませんからね。
  • 積み立ても、日本円の方が、レートの変動を考えなくてよいです。

外貨積み立ては、「5年前の私には早かった。勉強不足だった。」というのが、本音です。

外貨積み立てをやるなら・・・ 

  • もしも、外貨積み立てに興味があるなら。
  • 2016年に戻って、外貨積み立てを始めるなら。
  • 「ネット銀行」ではじめます。
  • 私だったら「楽天銀行」を使います。楽天証券との連携もばっちりです。
ネット銀行のおすすめポイント
  1. 為替手数料が安い。
  2. 外貨を積み立てた後に、米国株の投資に使うことができる。

「SBI銀行」も、為替手数料が安いようです。

この辺りも、よく比較して決める必要がありますね。

外貨積み立ては、立派な投資です。しっかり勉強して行わないといけません。とてもよい勉強になりました。

今後は、日本株・米国株について、もっと勉強して発信していきたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました