初心者のプログラミング学習 Progate とドットインストール どっちがおすすめ?

ライフスタイル

プログラミングに興味があるけど、Progateとドットインストールどちらからやったらいいのかな?

コロナ禍の影響もあり、手に職をつけたいという人が増えているようです。mgmgもプログラミング学習を始めました。

プログラミング学習について、必ずおすすめされているのが

「Progate」と「ドットインストール」

どちらも無料からスタートできるということで、人気ですよね。

mgmg
mgmg

mgmgはプログラミング学習初心者。HTMLとCSSの学習を、Progateとドットインストールの両方でやってみました。無料範囲を全てやってみての感じたことをまとめます。

スポンサーリンク

【結論】Progate→ドットインストールの順で両方やってみよう!

どっちがいいの?ということに対しての結論ですが、

Progateからやってドットインストールもやろう!

ということになります。

 Progateを先におすすめする理由  4つ

mgmgは実際にProgateから学習を始めましたが、そうしてよかったと思った理由は 4つです。

Progateをおすすめする理由
  1. ソフトのインストール(環境構築)の必要がない。
  2. ゲーム感覚で取り組める。
  3. 説明がスライドになっていて分かりやすい。
  4. スマホ用アプリがあり、外出先でも学習が進められる。

それぞれについて、詳しく説明していきます♪

ソフトのインストール(環境構築)の必要がない  

progate

ドットインストールでは、まず初めに、環境構築として、テキストエディタ(Visual Studio Code)のインストールが必要です。また、さまざまなファイルを作るところから自分で行う必要があります。

完全初心者の人にとっては、コードを書く以前につまずきポイントがありました。

Progateでは、ネット上でそのままコードを書くことができます。

左側がコードを書く際の解説(ほぼ答え)、右側がコードの結果を反映しています。

一ページ内で「何をやったらいいのか」「どこに書いたらいいのか」「結果どうなったのか」が分かるので、学習が進めやすいです。黒い部分に言われた通り打つだけです!

ゲーム感覚で取り組める

progate congratulation

学習が順調に進み、コースを修了すると、このような画面が出ます。

FacebookやTwitterで拡散もできるので、人に見てもらえることもやる気につながるポイントかなと。

独学だと、途中でさぼってしまいやすいですからね。

他にも、学習した内容が増えると、レベルがアップすることも、ゲーム感覚で進めやすいポイントだと感じました。

良い意味で、学習っていう感じがしません。

説明がスライドになっていて分かりやすい

mgmgのような、超初心者でも、簡単にわかるように、超初歩的な内容から、かみ砕いてスライドで説明してくれるスライドでした。

スライドを見る → コードを書く → 分からなかったらスライドに戻る 

と、つまずきずらい学習の流れになっています。

mgmgはパソコンに詳しいわけではないですが、無料コースの範囲だったらつまずくポイントはほぼなかったです。

スマホ用アプリがあり、外出先でも学習が進められる

Progateでは、IPhone用、Android用のアプリもあります。

スマホ版では、コードはボタンで選択式になっていて、コードの順序を並べ替える形で学習ができました。(スマホだけで学習するのは少し内容が浅すぎかな?とは思います。)

基本的にはパソコンで学習を進めていきますが、外出先の隙間時間で復習ができました!

次はドットインストールで学習してみよう

Progateで、HTMLとCSSの初級編を終えてから、

ドットインストールで「はじめてのHTML」「はじめてのCSS」をやりました。

二つの内容はほぼ同じなので、ドットインストールは復習という形でした。

Progateで一通り学んでいるので、「ここはこう書けばいいんだよね。」という感覚でした。

Progateだけでなく、ドットインストールもやってみてよかったと思った点は3つです。

ドットインストールもやってよかった点
  1. コードを書き始める際に、必要な準備が学べた。
  2. コードの多様性に気付くことができた。
  3. ドットインストールの方が復習しやすい。

コードを書き始める際に、必要な準備が学べた

ドットインストールでは、学習の前に「学習環境を整えよう」ということで、基本的な環境設定を学びました。これは、Progateではできなかったことです。

Visual Studio codeのインストールや、Google chromeでのHTMLの確認方法は、次のステップに進むためには必要な過程だと感じました。

コードの多様性に気付くことができた

Progateは、コードが合っているかどうか確認していくので、エラーがあれば、先に進めません。

つまり、用意された答えと同じになるコードを書くように、学習が組まれています。

ドットインストールは、「自分でコードを書いていき、自分で表示する」ので、

見た目が合っていればOKというスタンスで進められました。

具体的には色の指定の仕方は、Progateでは、カラーコードですが、ドットインストールでは、「white」など、色名の指定でもできることを知り、正解は一つじゃないんだなということが学べました。

ドットインストールの方が復習しやすい

Progateでは、コードの書き方がスライドで示されます。

「あれ、背景の色を変えたいとき、どうするんだっけ。」という細かい点の復習をしたいときも、スライドをポチポチとめくる必要があるのは、少し面倒だなと思って今しました。

ドットインストールは3分以内の動画にまとめられていて、動画の概要が文字で見ることができます。

「知りたい情報をさっと探す」という復習の面ではドットインストールがおすすめです。

ただ、ドットインストールは動画を見ながら自分でコードを書くので、

「ちょっと待って!まだ間に合ってないよ。」

ということもしばしば。動画を巻き戻せばいいのですが、

「動画を見ながら入力する」というのは、コードを書くのに慣れないうちは大変でした。Progateを先にやっておいてよかったです。

まとめ 無料の学習コンテンツを活用しよう

Progateもドットインストールも、無料でプログラミング学習のとっかかりを提供してくれる素晴らしいコンテンツです。

両方の良いところをどっちも吸収して、有意義に学習していきましょう!

mgmgも頑張ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました