【教員からの転職活動日記 5日目】エージェント経由での応募、職務経歴書の直し、面接企業分析

教員からの転職

mgmg
mgmg

転職活動5日目。今日は土曜日だけど午前授業。精神的・肉体的にかなり疲労がたまっています。今日の転職活動記録をご覧ください。

スポンサーリンク

5日目の転職活動の記録 

土曜日の出勤、コロナ休校を補うために仕方ないとはいえ、もう学習内容はもう追いついてるのになあっていう気持ちです。

朝は体調があまりすぐれませんでした。

仕事が終わって帰ってきて、「転職できるのか」「転職すべきなのか」「この仕事にしがみつくべきなのか」また悩み始めているところです。

考えた結果

自分が笑って過ごせる選択肢を選ぶ

ことが大切だと気付きました。

精神的に参っている場合ではないなあと。

どんな状況であれ、笑って暮らせるように気持ちを整えること、そしてそのために努力することが大切です。

今は「転職することが自分にとってのベストの選択」と考えているので、そこに向かって邁進するべきだという気持ちになりました。

エージェント経由での 応募 7社

先日面談を受けた、ワークポートさんから送られてきた企業12社のうち7社応募しました。

WEBマーケティングやライティングに絞って求人が送られてきました。

面談翌日のお昼には、求人票が来ていました。ワークポートさん仕事が早いです。

応募したのは

楽天(全社マーケティング)
マーケティングコンサルタント
WEBマーケ
ECコンサルタント
広告運用
セールスライター
WEBライター

ですね。

中途採用で楽天に入社できたら、万々歳だと思ってしまった自分がいました。超大企業ですよね。楽天経済圏にはどっぷりつかっているので、夢見てしまった自分がいました。

今回応募した7社は年収は300万~400万です。

また、育休記載なしの企業が4社でした。資本金20万円だったり、社員数5名のベンチャー企業だったりと、教員の仕事とはまた違う雰囲気が出ていました。

給与面・福利厚生面ではやはり教員が圧勝です。

これら7社には、ワークポート経由で「4月入社でも可能か」を聞いてもらうことにしています。

また、5社応募を辞退しました。

少し業務内容が怪しかったり、企業の口コミがあまりにも悪かったり、商品の品質が気になったりした企業です。

担当のコンサルタントさんからは「応募はたくさんしてほしい」とのことだったので、なるべく絞りたくはないですが、自分が「いやだなあ」と思ったところにまで応募する必要はないだろうと考えています。

職務経歴書の手直し

自分のPR部分は、昨日の記事で上げた通り。

今日はその内容を少し推敲 

 +自己PR上の業務内容の部分を、所属校別に書き直しました。

前回の転職は1校目だったときに作ったものだったので、

1校目での仕事内容 と 2校目での仕事内容に分割し、それぞれの勤務校での一番の成果を書きました。

身バレしそうなところは文字を消しました。

婚約者に添削してもらう予定です。

面談企業分析

来週面談予定のIT企業管理事務について、企業分析をしました。

具体的には

求人を読み込み、求めている人材を把握する

企業HPを見て、企業理念を理解する

の2点を行いました。

求人票を読み、企業の求めている人材と、それに対して自分がどのように貢献できるかをまとめました。

企業が求めている人材
(求人票より)
自分がどう貢献できるか
あなたには営業事務(内勤)や労務を中心に 幅広い業務をお任せします。 ご希望等を考慮して業務を割り振りますが、 担当業務だけにとらわれず、業務全般を把握し 臨機応変に対応できる適応力や広い視野が求められます。教員の仕事は毎日が臨機応変な対応と相手に対する理解・許容が求められてきた。規定通りに行かないときも、どうしたら解決できるのかを考え、その場にあった対応をすることできる。また、自分の考えにとらわれることなく、現状を正しく理解した上で、相手の考えを取り入れて仕事をしていきたい。 また、教員の仕事はマルチタスクであり、与えられた仕事量をうまく分担していくことや、自主的にすすんで取り組んでいくことが求められてきた。実際に、子育て世代の方と一緒に仕事をした際には、自分より経験がある先生に対してでも、授業の計画や評価の観点を提案することができた。 与えられた仕事だけでなく、相手の状況に応じて自分にできることを進んで行っていく大切さを実感している。 多様な業務全般を見通して、まずは丁寧に覚えることから始めるたい。そして、これまでマルチタスクをこなしてきた経験を生かして幅広い業務に取り組み、優先順位をつけて対応していきたい。
「業務フローを改善したい」 「新しい制度を作りたい」 「こんな新しい業務に挑戦したい」など、 会社をより良くするためのアイディアや提案は高く評価。 積極性のある方を歓迎していますので、 あなたも挑戦してみたい業務があれば、ぜひ面談でアピールしてください。慣習とされていることを見直して提案していくことに抵抗のある世界で働いてきた。 これまでやってきたこと、定番となっていることを変えることは、労力が必要であり、また変えることに抵抗がある人もいるため、反発を受ける可能性がある。 しかし、その内容が本当に適切かを考えて改善していかないと、停滞していく危険性があると考えている。
これまでの児童への対応や行事の運営から、 既存の仕組みを活用したり、変革したりする提案を重ねてきた。学校図書館担当の仕事では、児童がより読書活動に取り組むように、目標を数値化して、毎学期ごとにクラスや個人での達成度を表彰したり、担任の先生に伝えたりすることで、本の貸し出し冊数が増えて、年度末に目標を達成できた児童が増えた。
会社の中でも、同様に提案をしていきたい。
※Word・Excel・PPT・E-mail・ブラインドタッチでタイピングができる ・意欲的に学ぶ姿勢があり、調査・整備・社内外との調整等に自信がある ・数字を扱う業務が得意 ・長期的にスキルを磨いていける ・周りとコミュニケーションがしっかり取れる ・責任感がありフットワークが軽い文書作成や成績処理でワードやエクセルを使用してきた。タイピングは早い自信がある。 自主的に学んで能力を高めていくことが好きである。事務や労務の仕事の中で、必要な知識について自ら学んでいきたい。業務に生かせる知識を自分の時間を使って学んでいくことは社会人として重要なスキルであると考えている。 これまでの6年間で責任感をもって児童の教育に当たってきた。子供から同僚、保護者と多様な方々とのコミュニケーションをとってきた。その経験を活かしたい。
★スキルを活かして取り組んでみたい業務や チャレンジしてみたい業務等、面接時に教えてください。 あなたのご希望を尊重して業務をお任せします。IT業界は労働時間の管理が厳しくなっている。需要がある。技術を身に付けた方が納得のいく働き方ができるようにしたい。 また、社内教育資料作成(法令遵守に関する教育) 新入社員の入社準備、研修対応では、教員としての指導力が生かせると考える。
経営理念:努力した人が正当に評価される。IT業界の厳しさ、楽しさを伝えたい経営理念動画の「努力が評価されること」、「社員との関係性を大切にしていること」に感銘を受けた。社会の中で必要不可欠なITエンジニアが働きやすい環境を実現するために、私も働いていきたい。

荒いところばかりだと思いますが、企業が求めている人材に自分がどのように当てはまっているかを考えてみました。

以上、転職活動日記でした。

明日は、教員から転職エージェントになった友人とランチをして今の考えを棚卸したいと思います。

読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました