【教員からの転職日記 9・10日目】マケキャンbyDMM.comカウンセリング& IT企業事務職面接&企業応募

教員からの転職
mgmg
mgmg

初めての面接に挑みました。正直、転職活動しても意味があるのかなって思うぐらい厳しい。今日の赤裸々な記録です。

スポンサーリンク

転職活動9日目の記録

9日目は、職務経歴書を婚約者に見てもらう、教材制作経験についてPR文を書く、ミイダス経由での応募について面談の日程調節を行いました。また、9月末なので、9月の家計簿記事を作りました。

職務経歴書について、せっかくアドバイスをもらったのに、少し不機嫌になってしまった自分がいて、反省しました。

転職を応援してくれている相手の存在をもっと大切にできる自分になりたいです。

転職活動10日目記録

マケキャン by DMM.com のカウンセリング

本日は10時からオンラインカウンセリングを受けました。

DMM WEBマーケティングが社名を変更して、マケキャン by DMM.comになったとのこと。

簡単な経歴を聞かれ、マケキャンのサービス内容について説明を受けました。

簡単に言うと

50万円払って、マーケティングについて学ぶ&IT業界への転職支援してもらう

という形。

カウンセラーから聞いた話は以下の通り。

今から入ると12月から、コース開始。動画の視聴は申し込むとすぐできる。

コースの定員が埋まると、次期(2月)の案内になる

10月中に申し込めば、おそらく12月から開始できる。また16日までに申し込むと入会金の3万円が無料に。

3ヵ月のスクールに通った後、一年間の転職支援あり。エージェントよりも手厚い自信がある。

スクール2か月目から転職活動を行うこともできるので、4月入社も可能。

WEBマーケ職以外にも、IT企業の営業なども紹介している。実際、いきなりWEBマーケティングにつけるかは分からず、営業からスタートして数年後に社内でマーケ職を目指すこともできる。

ということでした。

以上の話を聞いて、私が感じたメリットとデメリットを紹介します。

メリット
  • マーケティングの広告の手法について学べる
  • 3ヵ月目には実践的な内容になり、企業にアピールすることでスカウトにもつながる。自己の成果が数値で示しやすい。
  • 就職サポートが厚い
  • 4月入社に向けてスキルを高めてから転職できる。
デメリット
  • WEBマーケ職につけるとは限らない(IT企業の営業職、やりたいかな。。。)
  • 費用が50万円掛かる。
  • 平日や休日の空き時間を全てマケキャンの学習に費やすことになり、転職活動との両立は難しい。=就職支援をマケキャン1本に絞る必要がある。
  • 今勤めてる学校には、マケキャンに通い始めたばかり(転職先未定)の状態で退職を伝えなければならない。

以上から、まずは、11月に転職先を見つけたいと願っている私には、今すぐ入るという結論にはならないかもと思いました。

マケキャンに通うとしたら「何としてもIT企業に転職する、WEBマーケ以外でも営業でもOK」という縛りへの覚悟が必要かな。

IT企業 事務職 面談

本日のメインイベントはこちら。

リクナビネクスト経由で応募したIT企業 事務職の面接に行きました。

こちらの会社は4月入社希望ということを事前に伝えた上での面談でした。

結論から言うと、確実に落ちました。

そう思った理由は後で記述します。

2年前も、中途採用の面談を経験しましたが、今回はなんと 5人のグループ面接でした。

しかも一番乗りしてしまったため、最初にこたえる役割でした。

今回の面接は企業説明会 + タイピングテスト + 適正テスト + グループ面接で所要時間は2時間。

タイピングには自信があったのですが、タイピングテストの結果はいまいち。

ブラインドタッチ全然できるのですが、ミスタイプが多いのが難点。

今後の記事編集でもミスなしでできるように意識していきたいと思いました。

面接で聞かれた内容は以下の通り。

  • 自己紹介
  • 現職からの転職理由
  • 応募理由
  • 営業事務 か 労務か どちらが志望か
  • 自分の弱み
  • ストレスへの対処法

まず、面接での応対ですが、面接官の反応は良かったです。

しかし、企業で自分のスキルを活かせるかどうかがあまりアピールできなかったと反省しています。

他の4人の反応を聞いて、「今までのスキルを企業の仕事に落とし込む」という点が自分に足りないなと感じました。

自分の弱みやストレスへの対処法は自分らしく応えられましたが、企業で力を発揮できることが十分には示せなかったなと思います。

また、落ちたなと思った理由が、最後に面接官の方が5人のうち2人にだけ

いつから入社できますか?他の企業の選考進捗は?

と具体的な質問をしていたことですね。

今回、グループ面接だったので、他の応募者の経歴やスキル、年齢なども正直分かってしまったのですが。

私より年齢が若くて(成長の見込みあり)

私よりスキルがある(企業で採用担当などの経験あり)

人たちと一緒に面接受けるのは、現実を体験する意味ではとても勉強になりました。

28歳 教員6年目 スキルなし の転職の厳しさを感じています。

社風は、とても良い雰囲気だったので、ぜひ入社できたらと思いますが、社長さん曰く

リクナビネクスト経由で1400人ほど応募があり、内定は5人程度の予定

とのこと。

全くもって、内定もらえる自信はないですね。

これで受かったら、めっちゃいい企業だなって思いますけど。

企業応募状況

エージェント2社使っていますが、正直あまり選考の進み具合がよくなさそうな予感がしています。

エデュケーションキャリアの方が、親身ですが、返信が遅いかも。

ワークポートは返信は早いが、選考状況が全く見えないので、やる気あるかな?って思ってしまいます。

そこで、自己応募をたくさんやってみることにしました。

リクナビネクスト

Wantedly

Green

を使っての応募と、

企業HPからの応募もしました。

直接応募した企業からは課題も送られてきました。一週間以内に取り組む必要があります。

自己応募は、情報管理が大切ですが、進行スピードが速いです。

目標は11月22日までに内定ゲットなので、そこに向かって努力します。

ご覧いただきありがとうございました。

コメント

  1. […] 【教員からの転職日記 9・10日目】マケキャンbyDMM.comカウンセリング&… […]

タイトルとURLをコピーしました