教員が辛いのは当たり前【あなたは悪くない】

教員からの転職

夢を叶えて先生になったけれど、毎日忙しすぎるし、心の余裕もない。

これって、私の心が弱いせい?私、先生向いていないのかな?

学校の先生をしていて、こんな悩みを持っている人、たくさんいますよね。

私もそうでした。

特に1年目は、毎日「辞めたい」「今年で辞めよう」と思っていました。

その辞めたい気持ちは、自分が弱いせい、自分が先生に向いていないせい、力不足なせいだと思っていました。

でも、6年目になり、今思うことは

教員が辛いと思うのは、確実に労働環境のせい だということ。

つまり、あなたは悪くない。あなたのせいではない。

こんな人に読んでほしい記事です
  • 毎日「先生って辛いな」と思っている人
  • 自分は先生に向いていないなと思ってしまう人
  • 「もう先生やめたい」と考えてしまう人

この記事を読むと分かること
  • 教員の仕事が辛い理由
  • 辛いと思ってしまうことは 当たり前であること
  • 仕事が辛いなと思ったときの対処法

この記事が、あなたの心を少しでも軽くしてくれたら、嬉しいです。

※この記事は、小学校教員の先生に向けて書いています。

スポンサーリンク

教員の仕事が辛い理由

多すぎる業務量 

ソース画像を表示

小学校の先生であれば、基本的には児童の登校から下校まで、ずっと児童対応ですね。

具体的には朝8時すぎから児童が登校、午前の授業4コマ+午後1・2コマ

児童の下校が2時半~3時として、次の日の準備に充てる時間が勤務時間内だと1時間しかありません。

毎日5・6コマの授業をして、その準備の時間が1時間しかないのです。

また、その貴重な勤務時間も、会議が入ったり、その他の校務分掌にさかれることも。

どんなに努力をしても、勤務時間内には終わるはずのない仕事量なのです。

私もこの6年間で経験を積み、だいぶ効率よく仕事をこなせるようになってきました。

宿題の〇付けは朝の15分間で、テストの〇付けはテスト時間内に、教材研究は空き時間にやっています。

それでも、勤務時間内に仕事が終わることは難しい。

あるとすれば、「終わり」と決めてそれ以上やらないことだけです。

もし、あなたが今、「若手」と分類される経験年数で

「自分の力不足で仕事が終わらない」と思っているのであれば、それは違います。

「そもそも、終わらない仕事量」なのです。

だから、時間内で終わらないのが当たり前です。

あなたは、悪くありません。

長すぎる&休みのない 勤務時間

実体験ですが、1年目のころは朝7時半には職場にいて、夜8時に退勤する日々でした。

約12時間も学校にいますね。家より長い時間を学校で過ごしています。

それだけでなく、教員には休憩時間がありません。

勤務体系上は 15:45~16:30まで休憩時間ですが、

その間に「ふぅ」っと休んでいる教員を私は見たことがありません。

職員室か教室にいて、仕事をしていますよね。あなたもきっとそうです。

12時間も、まともな休憩もなく働いていたら、しんどいのは当たり前です。

子供たちがいる間は全力で児童対応、流し込むように給食を食べ、放課後は職員室で終わらない仕事を休憩もなくこなしている。

この働き方が、向いている人なんて、いなくて当たり前です。

だから、あなたは悪くありません。

慣習化された長時間労働

ソース画像を表示

私は2校経験しましたが、教員の仕事って

「長い時間働くのはしょうがない」という価値観が植え付けられていますよね。

この6年間で感じたのは、

教員には「限られた時間を使って仕事をしている」という意識のない人の多さです。

残業代が出ない制度のせいでもあるかもしれませんが、

「勤務時間を有効に使うためにはどうしたらいいか。」という考え方を求められることも、

その考え方を使って働くことも、教員の中には根付いていないです。

自分の時間をどう使って働くのか、追及されることもない環境で働き続けているため、

長時間労働に次第に慣れてしまうのでしょう。

特に、若手では、自分よりも年次が上の人がまだ残っていると帰りづらいと思ってしまいますよね。

けれど、

「定時過ぎたのになぜ帰らないのだろう。」「私は早く帰りたいのに。」と思っているのであれば、それが、正しい価値観です。

あなたは悪くありません。

大きすぎる裁量

学級担任はつまるところ、個人事業主なんですよね。

担任の先生は、クラスという小さなお店の店長さんといったところでしょうか。

学年団はチェーン店、学校は商店街のような感じかな。

もちろん、学年団で方向性を示して一致団結して動くこともできますが、

結局個々のお店をどう運営していくは、店長である担任の先生次第。

一つ一つの授業をどう組み立てるか、何に重点を置くかを、

自分で考えて自分で進めていかなくてはいけません。

ソース画像を表示

これが、教師の仕事の良いところでもありますが、結局個人による部分が大きすぎます。

特に、経験年数が少ないと、「果たしてこれでいいのか。」と心配になりますね。

隣の先生の実践がすごすぎて、自分の力不足を感じたり。

学級経営、授業づくりには正解がありません。

正解のないものを、たった一人で考えて進めていくこと自体が、異常な働き方であると感じます。

いきなり学級に放り込まれて、何もできないのは当たり前です。

学級経営がうまくいかないのも、授業が難しいのも、当然です。

だって答えがないんだから。それをたった一人でこなしているのだから。

だから、あなたは悪くありません。

多様すぎる児童対応&要求の多い保護者対応

一クラス30人程度の集団にいる子供たち。

一人一人はかわいく、尊い存在ですが、教員の仕事は子供たちをかわいがることだけではありません。

必要な決まりを教えたり、集団としての形づくりをしていったり。

30人もいれば、個性も豊かです。

なかなか話の聞けない子、理解力の低い子、発達障害を抱えている子・・・

それら全てを担任1人で掌握してうまくコントロールする必要があります。

そして、その子供たちの背景には保護者がいます。

中には、担任に対して否定的な保護者や、過剰な要求をしてい来る保護者、子供に愛情を注ぐことのできない保護者もいるでしょう。

ソース画像を表示

各家庭の事情や、個々の特性に合わせた対応を求められているのが小学校の先生です。

簡単に見積もっても、子30人+保護者30人=60人のマネジメントを1年目からこなしているんです。

時には、合わない子供や保護者もいるでしょう。そんなときは余計にしんどいと思ってしまいますね。

教員の仕事は、人間形成なので、信頼関係を築くことは大切ですね。

けれど、しょせん人間同士なので、相性があるのは本来仕方のないこと。

だからもし、今児童対応や保護者対応で悩んでいたとしても、それはあなたの人間性の問題ではありません。

あなたは、悪くありません。

代わりのいない担任制度

「ああ、しんどい。」「今日は休みたい。」

と思っても、一日の授業のこと、行事の運営などを考えると休めないんですよね。

ソース画像を表示

確かに補教体制はありますが、基本的にお願いできるのはテスト監督など。

授業を進める、新しいことを教えるという点では、担任の代わりはいません。

ちょっとしんどいときに、少しでも休めたら、気持ちも楽になるでしょう。

しかし、休んだ後のことを考えると、結局休めない。

でも、これって、そもそも担任制度に問題があると思うのです。

企業であれば、たった一人で全て進めるような仕事の仕方を求められるって本来あり得ないと考えます。

全クラスに副担任を、とは言いませんが、学年に1人、加配があれば、少し代わりが効きます。

けれど、現在の人員配置では、それはかないません。

むしろ、学校一人でも倒れたら、大変という状況もありますよね。

この余白のない人員配置による、替えの効かなさによって「ああ、休めない。」と思ってしまうのです。制度の問題ですね。

だから、あなたは悪くありません。

辛いと思ったときの対処法

以下、私が実践してきた対処法を紹介します。

早く帰ると決める(予定を入れてしまおう) 

1年目、2年目のころは、雰囲気に負けて帰れなかったのですが、

しんどうなと思ったときには「帰りましょう」

それができたら苦労しないよ、と思うでしょうが、

「早く帰る」と決めることでしか、達成できないことがあると、6年目になってやっと気づきました。

  • 水曜日は歯医者などの予約を入れて、「病院なのですみません」と言って帰る
  • 金曜日は大学時代の友達とオンライン飲み会の予定を入れて、6時には退勤する

など、とにかく、「帰ると決めたら、帰る」気持ちを持ちましょう。

ソース画像を表示

よく、「定時退勤のコツは、定時で帰ること」というツイートを見ますが、真理だと感じています。

今、8時に帰っていてつらいなら、週に1回は6時半で帰る、と決める。

無理のない範囲で、「早く帰る習慣を身に付けましょう」

軽重をつける

毎日毎日、全部の教科に全力で教材研究をして、校務分掌を完璧にこなしていけたら最高ですが、

それは、なかなか難しいです。

  • 自分の専門教科だけはしっかり教材研究する、あとは指導書を見ながら。
  • 1日の時間割に図書の時間やテストの時間といった、少し気の抜ける時間を作る
  • 校務分掌は前年度の反省で課題になっている部分だけ、改善して提案する

というように、軽重をつけましょう。

全て100%でやる必要はないです。

休むという選択肢をもつ 

本当にしんどうなら1日休みましょう。

「1日でも休んだら迷惑がかかるんじゃないか。」

「私の代わりなんていない。」

と思うのですが、実際1日ぐらい休んでもなんてことありません。

私も、今年度1日、授業のある日に休みました。心がしんどかったからです。

こっそり、前日から、「明日なら専科もあるし、なんとかなるかも、、、」と思っていました((笑))

1日、自分のために休むと、少し心がほぐれました。

あなたが辛い思いで毎日行く必要ないです。

どうしても代わりがいないなら、管理職が授業をすればいいのですから。

丸1日が厳しかったら、時間休1時間とって帰るも◎

はじめに休むのには勇気がいりますが、休暇は労働者の権利です。

うまく使えるメンタルを身に付けるとよいですね。

学校に行った自分をほめよう 

朝、起きた。

学校に行く準備をした。

家を出た。

子供たちの前に立った。

新社会人・新入社員のイラスト「走るサラリーマン」

1年目はそれだけで十分です。

もっと、上手に授業しないと。子供たちをまとめないと。しっかり働かないと。

そうやって、自分を追い込まなくていいです。

もう、あなたは、十分頑張っています。

この、過酷な状況の中で、学校に行っただけで偉いです。

そうやって、少しでも、自分の「今」を肯定しましょう。

転職活動を視野に入れよう

「もう本当に辞める!」というほど、強い気持ちがもてなくても、

転職活動を視野に入れてみるのも自分の考えを広げてくれますね。

求人サイトを見て、「こんな仕事があるんだな~」と思うだけでもいいですし、

私の転職活動日記を読む、なんかもできますね。

こんなご時世でも、未経験アラサー女性でも内定、取れました。

転職活動しようか、迷っている人には次の本もおすすめ。


私も実際に読んだのですが、ずばり「もっと早く読みたかった!!!」

今、転職を決めて、退職を伝えた後になって読んでも「自分の選択に間違いはなかった」と肯定できる内容でしたが、転職活動前に読んでいたら、もっと視野が広がったなあと思います。

教員が辛くてやめたいと思ってしまう人が、転職するかどうかを見つめなおすきっかけになる本です。

小説調で進むので、とても読みやすく、一日で読んでしまいました。

先生の仕事の息抜きにもなりますし、おすすめです。

自分で自分を肯定しよう

今回、この記事は「教員やめたい」と思う皆さんの心が少しでも軽くなったらいいと思って書きました。

辛いのは、あなただけではないです。わたしも一緒です。

だから、頑張れ。というのではなく、

きっと、今のあなたには、辛さを共感してくれる人が必要だと思ったのです。

今、同じ仕事をしている私だからこそ、伝えられることがあると思いました。

あなたは悪くない。

あなたは頑張っている。

だから、自分を責める必要はありません。

今日も一日お疲れさまでした!

タイトルとURLをコピーしました