教員6年目の給与 & 家計簿公開【11月編】

家計簿・節約

今、教員をやっているけれど、同棲生活したら、どれくらい費用が掛かるかな。

それなりのお給料はもらっているけれど、実際に教員で同棲している人の家計簿が見たいな。

めぐ
めぐ

月末更新をシリーズ化している家計簿記事。今月の支出と貯金額について、まっさらに公開しています!

こんな人におすすめ
  1. 同棲を検討しているけれど、生活費が気になる。
  2. 教員の手取りに興味がある。
  3. 同棲するとどのくらい貯金できるのか気になる。

この記事で分かること
  1. mgmgの11月手取り額
  2. 11月の 生活費(2人分 + めぐ個人)
  3. 11月の貯金額(めぐ個人分)

私は公立小学校の教員6年目

相手は、一般企業の機械系技術職

都内2DKで5月末より同棲開始。今月、入籍しました。

すでに、転職日記でも公言しているように、mgmgは2021年4月に転職予定。

転職活動の結果については、こちらの記事をご覧ください。

無事内定獲得できて一安心。しかし、給与は350万円程度にダウンします。

今後は、二人が生活をしていくためにいくらあればよいのか?という視点でブログ記事を更新していきます。4月以降も継続予定です。

転職後は、2人の収入と支出を合わせて、家計を管理していく予定です。

ひとまず、個人のみでの収支管理を習慣化していきます。

それでは11月の実際の収入と支出を見てみましょう。

スポンサーリンク

11月の手取り収入 24万円

11月の収入は24万円でした!(身バレ防止のため、端数はカットしています。)

11月の残業時間は 22時間程度です。

これは、教員の世界では、かなり少ない方ではないでしょうか。朝30分、夕方30分程度の残業で退勤しています。

ただし、休憩時間も休みなく働いているので、実際の残業時間は+15時間になると考えています。

ちなみに、教員年目の額面は約32万円。

そこから、所得税7000円、住民税1万6000円、厚生年金3万円、退職年金2500円、健康保険1万5000円などの控除もろもろが合計約8万円引かれて、手取りが24万円です。

11の支出 17万5500円

二人で使った生活費 内訳 11万4500円

項目値段(円)MEMO
食費3万6800今月は両家顔合わせ以外は、全部おうちごはんでした。
寒くなってきたので、鍋料理を2回ほど。
外食費6200私の内定獲得&夫の試験お疲れ様会を兼ねて鳥貴族でGO TO EATしました。
日用品5600和装前撮り用の小物をDIYするためにダイソーでいろいろ購入。年賀状印刷用にインク購入
交通費2700買い出しカーシェア3回分 
タイムズのカーシェア 1時間880円×3回分です。
2週間に1回のまとめがいをしています。
娯楽費7万7600来月の和装前撮り費用です
家賃9万2000
水道4200
電気ガス4000
合計22万9000円
mgmg負担分11万4500円←合計÷2で計算しています。

特別費としての和装前撮り代を含めてこの出費です。

やはり、結婚のもろもろにかかる費用を考えると、そこそこ生活費が掛かりますね。

mgmg個人生活費 内訳 6万1000円

項目値段(円)MEMO
食費1000日頃の感謝を込めて、夫にケーキを買いました。
外食費900先日のラーメンランチデート代
投資2万8700楽天証券積み立てNISAを活用しています。
毎月3万円ずつ積み立てで、楽天ポイント併用なので、端数が出ます。
通信費1600楽天モバイルは0円なのでYモバイル代のみ。
格安SIMおすすめです。
日用品2800化粧水、乳液、メイク落としが一気になくなったのでまとめ買い。
ファッション4000ユニクロでセーター&楽天市場で和装用の肌襦袢を購入。
美容費0コスメも買わず。そろそろファンデーションを買います
学習費1000沈黙のWEBマーケティング購入。
読みやすくておすすめです。
Kindle Unlimitedにはまっています。
ふるさと納税2万1000豚もも3kg、しゃぶしゃぶ用佐賀牛、鶏ジャーキーを購入。ポイント併用で1000円分安く替えました。
今年度のふるさと納税は満額使い切りました!
合計6万1000円

11月の貯金額 15万6370円

収入  24万円  - 支出 17万5500円 = 貯金 6万4500円です。

これまで、月末の家計管理をして分かったことは

  • 夫の手取りのみで、生活はできる
  • ただし、貯金厳しい
  • 転職後も同じような生活レベルを維持できれば、手取り20万円を切っても平気

ということです。

教員からの転職で、収入が下がることに不安な方は、一度の自分の生活にかかる費用を洗い出してみることをおすすめします。

また、格安SIMに乗り換える、など、生活コストを下げる工夫をするのも良いですね。

私もお勧めしている楽天モバイルですが、単体では不安という方も格安SIM併用を視野に入れるといいですね。

11月の家計まとめ

今月も黒字でした。

来月はボーナスが入るので、確実に黒字予想。

ある程度お給料の高い教員のうちにお金を貯めて、転職後の生活にも備えておきます!

お読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました