私が、コロナ禍で結婚式を決行する理由

同棲・結婚

こんばんは!今日は趣向を変えて、直近で取り組んでいる結婚式についての記事です。

私事ですが、6月上旬に結婚式を行います。

「え、コロナなのに?」とか

「第4派来ているのに?」とか、いろんな声はあると思うのです。

けれど、私たち夫婦は結婚式を予定通り行う予定です。

今日は、なぜ、今、結婚式を決行することにしているのか、をお伝えします。

こんな人に読んでほしい記事です
  • 結婚式についてまだ、検討中で、行うべきか行わないか迷っている
  • 結婚式の契約を済ませたけれど、本当に結婚式ができるのか心配
  • 友人の結婚式に呼ばれたけれど、参加しようか迷っている
  • コロナの中結婚式を行う人の気持ちが知りたい

一言でまとめると

「コロナだろうが、結婚式をやりたいならやるべきと思う。そしてコロナによって、結婚式の多様化は進むので、自分らしい結婚式ができるようになりそうですよ!」ということになります。

順に、説明していきますね。

スポンサーリンク

結婚式に対する私たち夫婦の希望度

正直、結婚式を行うつもりはあまりなかった

私たちはちょうど1年半ぐらい前から結婚を意識した同棲の話し合いを始めました。

そのときの気持ちとしては「結婚式って、準備も大変そうだしお金もかかるし…別に無理してやらなくてもいいよね!!」という感じでした。

友達の結婚式に招待客として行くのは好きなんですけど、120人規模とかになると、新郎新婦としゃべれるのは一瞬になってしまうんですよね。

あとは、結婚式を実際に行った人から聞いた話では「600万円払った」とか。

同棲前の私たちは

「いやいや、たった1日のために年収ぐらいのお金払うって、ありえない。結婚式やるぐらいなら、海外旅行行くよ…。」って思ってました。

あとは「あんなにいろんな人にちやほやされるのちょっと恥ずかしい。」みたいな気持ちもあって。

私たち夫婦は結婚式に対するモチベーションは低めなところからスタートしました。

結婚式の検討は結構後回しにしていた

本来であれば、プロポーズ後すぐにゼクシィを買って結婚式の検討をすると思うのですが、

入籍直後に、私が転職活動を始めてしまいました。

夫と相談して「結婚式のことは、転職先が決まってからにしよう」と決めたので、

実際に結婚式準備に取り組んだのは、内定を獲得した1月から、になりました。

ちなみに、私が内定を獲得したときの記事は、こちらになります。

ということで、われわれの結婚式準備は結構後回しになっていました。

コロナ禍だったので、結婚式を行わずフォトウェディングだけでもいいのではないか、と思っていた時期もありました。

しかし、内定獲得後に、改めて夫婦で話し合いをして、

「やっぱり、小規模でもいいから、自分たちらしい結婚式をしよう!」と決めました。

結婚式=家族への感謝の気持ちを示すためと決めた

結婚式に対して消極的だった私たちが結婚式を行うことを決めた理由としては、

結婚式は私たちを育ててくれた両親への感謝を伝える機会になる、と考えたからです。

これについては、個人個人で価値観が変わる部分でもあるし、

結婚式=絶対行わなければいけないもの、という決まりもないと思っています。

けれど、私たち夫婦にとって、結婚式という場をつくることが、一つの大切な親孝行になると思ったのです。

なので、自分たちのため、というよりは、両親のため、という視点で結婚式を行うことにしました。

結婚式申し込みのスケジュール

結婚式について検討し始めたタイミングが遅かったこともあり、

結婚式をしようと決める→結婚式場を探す→結婚式場に申し込む、は結構ハイペースで進めました!

1月 結婚式場についてのリサーチ開始

とりあえず、ゼクシィ購入

「プロポーズされたらゼクシィ」の言葉の通りに、入籍が決まってから一応ゼクシィを買いました!

さすがリクルートが出版しているだけあって、

鬼のような量の結婚式場の広告でできた雑誌、それがゼクシィ。

「結婚する人はマストで買わないといけないのか?」といわれると、

そうではないと思いますが、

300円ですし、付録もあるし、とりあえず買っておく、ぐらいのイメージでOKかと。


個人的には、ゼクシィに載っている情報が、有益だと感じるのって「新郎側」だと思ってます。

結婚式準備で実感していることは

男女間での結婚式に対する情報収集には圧倒的な差がある!!!ということ。

ということで、ちまたでは、

「プロポーズされたら(女性が)ゼクシィ(を買おう)」みたいな感じですが

個人的には

「プロポーズする前に、男性がゼクシィ買って予習しておいて!!!」と思いますね。

徹底リサーチスタート

基本的に、夫との間で意見に食い違いが起こることはあまりないので、

ゼクシィを見て、さらっと「こんな結婚式場がいいね~~~」と確認してから

私の方で徹底リサーチをしました。

式場探しの条件としては次の3つです。

  • ステンドグラスのある教会
  • 少人数プラン対応
  • 初回見積もりに不透明性が少なく、安心してお願いできそうなところ

特に、3つ目の「見積もりに不透明性が少ない」というところが

一番大切かつ、一番難しかったですww

結婚式って、初回見積もりから+200万とか当たり前っていうじゃないですか…。

なので、口コミサイトを駆使&結婚式場に直接見積もりを依頼して、なるべく正確に初回見積もり出してくれそうなところをピックアップしました!

通常の結婚式場見学から決定までの流れってって

①ブライダルフェア予約→②初回見積もりゲット→③比較検討→④式場決定

の流れだと思うのですが、

①式場に直接連絡して初回見積もりゲット→②比較検討→③ブライダルフェア→④第2回見積もりゲット→⑤比較検討→⑥式場決定
みたいな流れにしました!

工数は増えているのですが、後々後悔したくなかったので、ここは手間かけてよかったところです!

この辺りは、詳しく説明したいので別記事にまとめようと思います。

1月末 結婚式場見学(ブライダルフェア)

先ほどの徹底リサーチを経て、実際には3つブライダルフェアに参加しました!

ブライダルフェアの参加件数は平均1.7件らしいです。

多分、初めて行った結婚式場で営業トークにのせられて契約してしまう人が多いんでしょうね…

結果として私たちは3つ参加しましたが、3つ行ってよかったです!

理由としては2つでして、

①ブライダルフェアに行けば行くほど、おいしい料理が食べられる

②3つの式場の良さを冷静に比較して一番良さそうなところを選べる

という感じ。

それなら、たくさん行けば行くほどいいんじゃないの?

という意見もあると思いますが、ブライダルフェア、一件行くと半日はつぶれますし、

見れば見るほど何がいいのか分からなくなってくるので、行き過ぎにも注意です。

もし、これからブライダルフェアに参加する!という方は、

絶対に、下のサイト経由で参加申し込みしましょう!

その理由はキャッシュバックがかなり大きいからです!

私たち夫婦は、ゼクシィ経由でブライダルフェアの申し込みをしましたが、

今もう一回ブライダルフェア予約するなら、マイナビウェディング経由にしますね…

ゼクシィよりもマイナビの方がキャッシュバック額が大きかったのです( ;∀;)

ということで、とりあえずマイナビウェディングのリンクだけ貼っておきます。

どのサイト経由で申し込んだらいいのかは、別記事にまとめる予定です!

2月頭 結婚式場決定&契約

もともと、結婚式は6月ぐらいがいいなと思っていました。

理由としては、コロナが比較的落ち着いていそうだなと思ったからです。

なので、結婚式場を見学したときには、すでに挙式まで4か月を切っていました。

通常であれば、結婚式場の決定から実際の挙式日までは、約1年ほどある場合が多いようなのですが、

実際に準備をしてみて、4か月もあれば十分だなと思いましたw

私たちが、こんなに短期間で結婚式準備ができた理由には

「親族中心の少人数婚」であることが挙げられます。

私たちの結婚式のスタイルについては、次の項目で説明しますね。

結婚式のスタイル

私たちの結婚式の参加者は20名ほどで、半分が親族、半分が友人です。

本来であれば、職場の上司やら疎遠になりつつある親戚、懐かしの友人たちも呼んで、、、というところですが、

私たち夫婦は100人規模の挙式&披露宴にはあまり興味がなくて…(笑)

コロナ禍ということもあり、できるだけ呼ぶ人数を絞ることにしました。

やはり、招待する人数が増えれば増えるほど、準備するものの量も増えるので、

招待客はできるだけ厳選するのも一つの方法だなと思いました。

コロナの影響で、結婚式場も少人数プランに力を入れているようです。

今までよりも、結婚式の在り方は多様化しているので、自分たちらしい挙式&披露宴ができたらいいなと思っています!

結婚式を決行することに決めている理由

結局コロナ禍において、結婚式を行うことに決めているのは

コロナが終わる見通しが見えないから

という理由があります。

1年前であれば、「延期」という判断もできたかもしれないですが、

正直、いつまで延期しても変わらないと思うんですよ…。

それに、夫婦の生活は結婚式から先も続いていくわけで。

ということで、よっぽどのことがないかぎり、決行予定です。

今後は、

  • 結婚式場探しのポイント
  • 結婚式の節約術
  • 結婚式準備の心構え

なども発信していこうと思います!

今回もお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました