次の3月に転職したい!転職を成功させるロードマップ

教員からの転職

よし、私も、教員から転職するぞ!

まあ、なにはともあれ、とりあえずエージェントに話聞けばいいか。

一歩踏み出そうというその勇気は非常に素晴らしいです!

しかし、やみくもに行動して、丸く収まるほど、教員からの転職って甘くないんですよね。

ちなみに、あなたはいつ転職をしようと考えていますか?

おそらく、たいていの人は「3月」と答えると思います。

それは、学校のスケジュールが4月はじまり3月おわりだから。

実際のところ、今すぐ辞めたって問題ないのですが、

教員を目指すほどまじめで熱心な人が

「就職先決まったので11月に辞めます~!」

と、なる可能性何%ぐらいかなって。実現可能性としては低いと予想してます。

実際に自分も3月退職であと腐れなく学校を去りました。

(離任式も参加してやりましたw)

今日は、自分の経験を基に、「学校の先生を辞めたい」と思っている人に向けて、転職を成功させるまでの1年間のスケジュールをお伝えしますね。

こんな人に読んでもらいたい記事です
  • 学校の先生を年度末で辞めたいと思っているが、今すべきことが分からない。
  • 教員から転職をした人の具体的な動き方が知りたい。
  • 転職活動を進めるまでのさっくりとした流れが知りたい。

それぞれの時期に合わせた適切な動き方をして、3月退職を成功させましょう!

スポンサーリンク

3月退職に向けた具体的スケジュール

4月~7月 学級経営と校務分掌に全力を注ぐ

え、仕事辞めたいのに?と思いますよね。

辞めたいからこそ、いったん学級経営をしっかりやりましょう。

理由としては転職活動に必要な実績と時間をつくるためです。

転職に必要な実績をつくる

あなたが面接官だったら

「先生辛くて辞めたいんです。クラスも荒れ果てて仕事も多すぎて…」

という人と

「先生を辞めるという決断をしましたが、学級づくりでは○○を、分掌では△△を実践しました。」

という人のどちらを採用しますか?

結果は…聞かなくても明らかですよね。

転職活動では、必ず現在の職業での自分の取り組みが質問されます。

そこで答えられるネタづくりをしっかりしましょう。

転職に必要な時間をつくる

あとは、1学期中に学級がある程度落ち着かないと、2学期以降に転職活動に充てる時間はとれません。

3月退職のスケジュールなら、転職活動が本格化するのはどんなに早くても2学期以降。

2学期以降に、学校の仕事を多少手が抜いても回るぐらいに、

貯金のイメージで1学期は仕事に全力を注ぎましょう。

ぶっちゃけ、1学期中にできる転職準備なんてない

最後は、この部分ですね。

仮に3月に転職したいと思っていて、今すぐ転職エージェントに…とか転職サイト登録…とかする人いると思うんです。

けれど、今転職エージェントに話をしても

3月退職だったら11月ぐらいにまた相談してください!

的なことしか言われないでしょうね。

転職サイトに登録するのはOKですが、今応募しても全て書類で落ちるかも。

転職サイトと転職エージェントの活用時期はもう少し後です。

辞めたいのに全力注げるわけないじゃん。

という声も聞こえてきそうですね(笑)

ちょっと、厳しいことを言うと、辞めたい仕事に全力を注ぐ以上に転職活動では辛いこともあります。

私も何度「諦めながら教員を続けた方がマシかも」と思ったことか。

けれど、欲しいものが何でも楽に手に入るわけではないです。

自分が本当になりたい自分になるために、辛い時期も必要です。頑張りましょう!

とはいえ、気晴らしや情報収集も必要なので、1学期中に登録もおすすめな転職サイトも紹介します。

ミイダス は登録すると適性診断が無料で受けられる&適正年収が分かる面白い転職サイトです。

利用するのにお金は一切かからないので、仕事のストレス発散の一つにおすすめです!

8月 自己分析、情報収集、必要資料作成

8月=夏休み。夏休みになるといったん仕事は落ち着きますかね。

私は夏休みに海外旅行にどかんといくことだけが人生の楽しみだったんですよね。

夏休み大好きでしたし、一生夏休みであってほしいと思ってました。

が、コロナで海外旅行にいけなくなってしまい、教員を続けるモチベもがっつり下がってしまったので転職しました(笑)

1学期のつかれを癒すためにだらだらしがちな夏休みですが、3月退職に向けた準備を進めていきましょう。

自己分析をはじめよう

自分のことをよりよく知って、適切にアピールすることが大切です。

仕事から少し離れることのできる夏休みに「自分自身」についてたくさん考えていきましょう。

徹底的に自分と向き合う自己分析の方法については、別記事でまとめます。

また、自分が自分を分析するためにはツールを有効活用しましょう!

自己分析ツール①ストレングスファインダー

書籍代として2000円で、超本格的な自己分析レポートが作成できます。

この書籍を買うとアクセスコードがついてきます。そのコードを使って診断を受けます。

なお、アクセスコードは一回しか使えませんので、中古本ではなく必ず新品の本を購入してくださいね!

自己分析ツール②グッドポイント診断

次は、無料で使える自己分析ツールを紹介します!

まずは、転職サイトといえばで超有名な リクナビNEXT のグッドポイント診断です。

登録すれば無料で使えて、本格的です!

ストレングスファインダーはちょっとハードル高いな~という方は、こちらから始めてみるのもおすすめ。リクナビNEXTは転職活動では絶対登録しますしね。

自己分析ツール③

ここでも、先ほど紹介した ミイダス の自己診断が役立ちます。

個人的には、ミイダスの自己診断の方が直感的な操作ができて好きです。

ミイダスは2回の転職活動で必ず登録はしています。

他の転職サイトと違って、オファーが来ると面接確約できるところが素晴らしいです。

詳細はこちらにまとめています。

知識武装をしよう

転職活動も情報戦です。私は知識武装に取り掛かるのが遅かったのが反省点です。

その3つとは

  1. SPI対策
  2. 転職活動の準備に必要な知識
  3. 基本的なPCスキル

3年間ぐらいずーーーーっと転職しようか迷っていたので、迷う前にどんどん行動すればよかったな、って今となってはめちゃ反省しています。

まあ、もう転職したし、反省しても仕方ないので、自分の反省点を皆さんに共有して、少しでも同じ過ちを犯す人が減ってくれればそれでいいや!と思って記事書いてます。

SPI対策

「SPIとはなんぞや?」と思われるかもしれないですね。

詳細はまた別記事にまとめますが、「SPIとは適性検査」です。ちょっとした学力テストと思っていただければ。

基本的に、学校で勉強教えている先生が、頭がめちゃくちゃ悪いとは思わないのですが、適性検査もセンター試験みたいにちょっとしたコツがいるんですよね。

私も勉強には結構自信があったタイプですが、何も対策しないで受けたら一社落ちましたwww

なので、一冊でいいので本買って対策しましょう。ぶっちゃけ、どの本がいいか考えている時間あるなら、どれでもいいから本買って一問でも解いた方がいいレベルなのですが、実際に私が使っていてよかった本も紹介しますね!(SPIとWEBテストが一冊で対策できてコスパ◎です)

転職活動の準備に必要な知識

2年前に転職活動したときは、正直エージェント以外に頼れる人はいませんでした。

けれど、今は、YOUTUBEやブログなどでたくさんの有益情報がGETできます。


通勤時間やまったり時間にうまく知識武装していきましょう!

私が実際に愛用していたおすすめのメディアについては下の記事でまとめています。

もう少しまじめな雰囲気で知識をつけていくのが好きな方は下の2冊の本がおすすめです。

転職する気のない人にも読んでほしいw

私はこの本を読んで、転職を決意したといっても過言ではない。

とりあえず、あとで愚痴は聞くのでだまされたと思って読んでほしいです。

実は社会人になってから本を読む習慣全くなかった私ですら、一瞬で読めました(笑)

大好きすぎる本なので、いつか図解でまとめたいと思ってます。

Twitterで、有名なmotoさんの本ですね。

ご本人の発信が大好きです。

転職を副業の相乗効果を狙ってキャリアを築いた方で、特に職務経歴書の書き方は一読の価値ありです。

この本を基に、私が作成した職務経歴書のサンプルは以下の記事で公開しています。

基本的なPCスキル

学校の先生は、ICTリテラシーが低い、って世間では思われているようです。

実際に面接でも言われましたw

具体的には、タイピングのスピードだったり、エクセルの関数のスキルだったり。

確かに、今の会社に入社して、自分のスキルの低さには驚きましたw

このあたりのICTスキルのギャップについてはまた別記事でまとめたいですが、

ある面接官の方に

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)を取ると、一定のPC
スキルが証明されるので、書類選考通過しやすくなるかもですね。

とアドバイス受けましたよ。私はこれを取る前に内定ゲットしましたが、確かにとっておいても良かったかも。特にエクセルのスキルは仕事でも生かせそうですしね。

ということで、もう一度転職活動するなら使いたいテキストも紹介しておきます。

足りない知識があるのはしょうがないので、焦らずにこつこつと少しずつ埋めていけばOKです^^

職務経歴書と履歴書をつくろう 

転職活動には2つ絶対に必要な書類があります。それは

「職務経歴書」と「履歴書」です。

履歴書は、まあ、10分もあればできるのですが、問題は職務経歴書。

私も今まで50枚くらいは書いた気がする、職務経歴書。

本当に何を書いたらいいのか分からない&書いたことが正しいかどうかも分からないんですよ。

ネットで職務経歴書を検索しても出てくるのは会社員用のテンプレートばかり。

なので、自分で作って自分でテンプレにすることにしました(笑)

次の記事に画像付きで公開しているので、よかったらご覧ください。

職務経歴書を書くための内容の洗い出し方については、別記事でまとめますね。

9月、10月 定時退勤スキル発動

楽しい楽しい夏休みも終わってしまうと、魔の2学期です。

夏休み明けで、子供たちの生活リズムは乱れているし、2学期は運動会や学芸会などの行事ももりだくさん。行事は行事で楽しいのですが、その分仕事は増えますよね。

さらに、行事終わりなどは子供たちが燃え尽きて、荒れやすい時期でもあります。

1学期に引き続き、こまめにクラスの様子を見つつ学級を安定させましょう。

そして、11月以降に転職活動させたいです。

なので、「2学期は早く帰る」イメージを周りの先生にも植え付けておきましょうw

11月、12月 エージェントと面談 企業応募開始

11月になったら満を持して転職活動を始めましょう。

しかし、初めての転職活動、一人だけでなんとかするのはおすすめしませんw

なぜならば、書類や面接の不通化が続くと、辛くて悲しくてやる気になれない時期が出てくる可能性があるからです。

実際に私は100社応募して内定ゲットしたのは1社だけでしたw

やみくもに一人で戦う前に、転職エージェントに登録しましょう。

転職エージェントは、あなたの転職活動の軸を整理してくれて、方向性を一緒に考えてくれます。

求職者(=転職したい人)は無料で使えるサービスです!

実際に使っていたおすすめの転職エージェントについては、次の記事でまとめています。

転職エージェントのよい使い方については別記事で詳しく紹介しますね。

1月、2月 転職活動面接&内定獲得

さて、年が明けたら、転職活動の面接に進んでいきましょう。

基本的に転職エージェント経由で活動を進める場合には、特に注意点はないのですが、私は全部自分で転職活動を進めました。

教員からの転職を成功させるには、人に任せきりでなく、自分でも考えないといけないポイントがあります。転職活動の進め方、スケジュールの立て方の注意ポイントは別記事にまとめますね。

頑張って頑張って活動して、晴れて内定を獲得したら、いよいよ退職する意向を管理職に伝える段階になりますね。

個人的には、この「退職意向を伝える」のが一番ハードル高かったです。

校長室で5Lぐらい泣きながら「辞めます」って言いましたwwwいや、あの頃は若かったです。

今となっては「涙の無駄遣いだから、5分で『辞める』といえばOKだよ、自分。」と思いますが。

この辺りの「退職する旨」をいつ、だれに、どのように伝えるとよいのかは別記事にまとめますね。

3月  教員を退職

さて、泣いても笑っても教員生活ラストの1か月間。

学校の荷物と職員室の人間関係の整理をやりましょう。

ぶっちゃけ、学校に全く未練はなかったので、最後の1か月は私は晴れ晴れと過ごしたのですが、

晴れ晴れと過ごせるようになるまではかなりしんどかったですね。

内定獲得した後1か月ぐらいはずっと、半分鬱みたいなメンタルでした。

一番しんどかったのは修了式の日に

「大好きなクラスの子たちに、次学校に来るときにはもう『先生』はいないこと」を隠して

「次の4月、また会おうね」と約束せざるを得なかったことですね。

思い出すだけで、書いているだけで、泣けてきます。。。

この辺りの退職直前のメンタル状態については別記事に書きますね。

「辞めたい」と嘆くだけなら簡単。まずは行動あるのみ!

私は

「教員からの転職なんてできない」

「ずっと先生を続けていくしか、私の道はない」

「どうして学校の先生になってしまったんだろう」

と自分で自分を責めて諦めて、さらに自分を苦しめる時期がめちゃくちゃ長かったです。

幸いなことに、私の教員時代の友人で何人かが「教員からの転職」を経験していたことで、私は

「あの人にできるなら、私にもできるかもしれない」と思えました。

だからこそ、次は自分が誰かの背中を押したいんですよね。

行動しないと何も変わらないんです。

誰かが、代わりに、何かをしてくれるわけでもない。

自分のことは自分で決めて自分で実行していくしかないんだな、と最近強く感じます。

学校の先生が辛いのは労働環境のせいと思いますが、

学校の先生の労働環境はそんな簡単には変わりません。

変わらない環境を嘆いて、妥協し続けていくのか。

それとも環境が変わらないなら自分がいる環境を選びなおすのか。

自分自身で決めて後悔のないように進んでいきましょう!

長くなってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました^^

タイトルとURLをコピーしました