教員と民間企業、ぶっちゃけどっちが大変?

教員からの転職

めぐ
めぐ

転職して2か月半が経過しましたので、引き続きの報告記事です。

2021年の3月末で、6年間勤めた小学校教員を退職し、4月からは民間企業のCS(カスタマーサポート)として働いています。

5月以降出社したのは5回ほど。在宅勤務の恩恵を受けています^^

教員時代には「在宅勤務」なんて、夢のまた夢でしたからね。

今回の記事では、「教員と民間企業、ぶっちゃけどっちが大変?」という難題に対して、転職して2か月半経った私なりの答えを記述してみようと思います。

こんな人に読んでもらいたい記事です
  • 教員も大変だけど、民間企業も大変なんじゃない?と思っている先生方
  • 「結局大変なら教員辞めなくていいのでは」と心配な現役の先生方
  • 一人の女性教員が転職して今、何をしてるのか興味のある方

まず、「教員と民間企業、ぶっちゃけどっちが大変?」以上のことに端的に答えると

「圧倒的に教員」です。

これを今の転職先の人に見られたら、仕事増やされそうなので、あまり大きな声では言えないのですが。

今後、仕事内容が変わる答えが変わる可能性はありますが。

どうして、教員の方が大変だと思ったのかを順に詳しくお伝えしますね!

スポンサーリンク

教員の仕事が大変だと思う理由 4点

一人にのしかかる責任が重い

まずはこちらですね。私はずっと小学校の担任として働いてましたが、

毎年30名の児童の相手(+30家庭の保護者対応)が基本の仕事ですよね。

もちろん、専科の授業もありますし、困ったときには学年対応…とはいいますけど、

実際問題、自分が休んだら、授業は進まないし、

自分の代わりに担任してくれる先生なんていないじゃないですか。

まあ6年目ぐらいには「先生の仕事なんてこんなものか」とうまく割り切れてましたけど、

先生1年目の大学卒業したての22.23歳の仕事内容じゃないと思うんですよね。

会社も自分の担当業務はありますし、時たま自分でやるしかない、みたいな場面はありますけど、

最悪自分が休んでも会社は回るんですよね。

というか、一つの組織として誰かが欠けたらストップかかる組織って、ありえないじゃないですか((笑))

でも、学校の先生って、「自分しかできる人がいない」みたいな状況に常にさらされていると思いますね。

業務の責任の分散ができることは民間企業の良さだなと思ってます。

休憩時間がまともにとれない

これ、真理だと思うんですよね。

学校の先生で「休憩時間」まともに確保できている人なんて0.0000000001%ぐらいじゃないでしょうか?

私は、一刻も早く退勤したい系教員だったので、休憩時間もがっつり仕事してました。

結果、退職直前の残業時間は月20時間程度でしたが、

休憩まともにとってないので、実際の残業時間は月40時間程度ではないでしょうか。

今の会社も入社したてはバタバタしていて、ぶっちゃけきちんと休憩とれていたか怪しいですが、

今は少し勤務が落ち着ていて、休憩時間は日中に1時間確保できています◎

この休憩時間の間に、自分で昼ご飯作ったり、夕飯の買い出し行ったり、家事進めたり、寝たり、ブログ書いたり、と完全に業務から離れることができています^^

民間企業でもまともに休憩とれない場合もあるでしょうが、

少なくとも休憩時間確保できていないことが明るみに出たら、

労働基準法だかなんだかに抵触して、会社としてはかなり怪しい状態になるでしょうね。

日中にきちんと休めることで午後も集中して仕事できています!

教員時代は、THE ノンストップで朝7時半から稼働してたので、

夜6時ぐらいには頭がガンガンしてましたからね((笑))

業務量が圧倒的におかしい

これについては、まだ入社したてで業務ふられていないっていうのがあるかもですが、

周りの人たちも見ていて、休憩時間もなし、残業当たり前で働かざるを得ないのは、

上層部の人たちだけかもしれないと思っています。

私は教員時代、できるだけ頭を使って効率よく、集中しててきぱきと仕事をこなすタイプだった(と自分では思っている)のですが、それでも定時内で仕事が終わったことは一日もなかったです。

せいぜい、夏休みの数日間でしょうか?

授業準備、校務分掌、保護者対応、児童対応、その他もろもろ、どう頑張ったって定時で終わるわけがないと思います。

定時で帰れるのは「定時以降は仕事しない」と腹くくって、

本当の本当にやらねばならないことだけをして、

大半の仕事は「やりません」とお断りできる場合だけだと思います。

今の会社では、業務量が莫大に膨れ上がっている事実が確認でき次第、

体制を変えたり、業務の効率化を図ったりしていますね。

こういうフレキシブルな動きが、先生の世界にも広がってほしいなと思います。

理不尽な対応が多すぎる

あえてこんな感じでふわっとまとめておきますけど。

「それ、先生の仕事じゃないだろwwww」

みたいな対応を求められることが多すぎると思います。

もう少し詳しく述べると、保護者対応とか行政からの指示とかですかね。

私も実際に合った保護者対応だと

「箸の持ち方がおかしいから、教えてあげてほしい」

「親が怒っても効かないから、先生が怒ってほしい」

などなど。

給食指導で声はかけるし、必要があれば叱りますけどね。ええ。

あとは

「宿泊学習できるかは、緊急事態宣言が延長されるか否かによって変わる(出発日は緊急事態宣言明けの週初め)」とか。

指示下すだけなら簡単ですけど、実際動く現場の身にもなってほしいなとは思いますね。

民間企業の方が大変だと思う2点

成果が求められる

正直なところ、まだ成果を上げられるほど仕事に慣れてはいないのですがw

今後業務が本格化すればするほど、自分に求められている成果にコミットできているかどうかが大切に

なってきます。

というか、きちんと成果出していないとお給料が減ってしまうw

現実味をもって自分に迫ってきているわけではないのですが、

お給料に関わってくるとなると…(笑)

そのあたりは、教員の方が恵まれていると思いますね。

だって、経験年数さえ重ねていれば、学級が荒れていようが保護者からクレームこようが、

校務分掌をいい加減にやっていようが、お給料は入ってきますからねw

この辺りがいい加減な方が仕事する上でいいなあという人は教員の方が合っているかもしれません。

(私は年数だけ重ねていて仕事を若手に押し付けるベテラン教員にはなりたくなくて転職しました…)

人を育てるという環境がない可能性も

教員も「習うより慣れろ」的な感じで仕事がスタートするので、

研修体制があるかといわれると皆無だと思いますが。

先日、前の職場の先生たちと話をしたときに

「企業は『自分で勝手に育っていけ』みたいな感じかもね~」と言われて、

妙に府におちました。

教員時代に、一緒に働いていた先生方はみないい人だったので

私の悩みを全て聞いてくれて適宜必要なアドバイスをくれていたかなと思います。

教員という仕事を選んでいる以上、人を育てることが好きな人が集まっているんでしょうね。

こればっかりは職場の人間環境によるとしか言えないですが、

「人を育てることにコミットする」みたいな点では教員時代の方が恵まれているかもです。

(中には職員室間での人間関係に悩んでいる人もいるかもしれないので一概には言えないですけどね)

悩んでいるくらいなら一回外に出てみたらいいと思う

転職したいと夫や家族に伝えた時は

「結局民間企業だって大変。」

「まだ教員の方がマシだよ。」

などと言われ続けましたが、結果外に出てみて思うのは

「いや、教員の方が圧倒的に大変でしょw」ってことです。

どっちも大変なことはあるという前提ですが、少なくとも私にとっての学校の先生という仕事は

めちゃくちゃハードワークです。

精神的にも肉体的にも毎日限界突破してましたからね。

最近、ありがたいことにTwitterで教員から転職されている方々とお話させていただくのですが

「いざ、教員に戻りたくなったらいつでも戻れる。」と思っています。

なんといっても人手不足ですからね。

正規の教員に戻るには、若干試験の受けなおしをする必要があるかもですが、

非常勤講師でいいなら、ぶっちゃけいつでも簡単に戻れるんじゃないでしょうか?

私も免許だけはきちんと更新しておいて、いざ仕事に困ったら非常勤で戻ればいいと思ってますw

あとは、「やっぱり先生やりたい!」と思ったら立場や肩書にこだわらなければ、

50歳とかでももどれるんじゃないかと。

むしろ、教員→民間企業のハードルは年々高くなっていくので、

迷っているならやってみればいいと思うんですよね。

「先生しかできない」というメンタルで働くのはかなりしんどいと思うので。

そろそろ転職視野に入れてみようかな、という方に向けてこちらの記事を書いていますので、

よかったら見ていただければと思います!

お読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました