教員から転職すべきか分からない…無料相談でモヤモヤが晴れる?!

教員からの転職
転職しようか迷う教員
転職しようか迷う教員

学校の先生を続けるのは辛い。でも、転職をするべきなのか、自分一人では決められない。

誰かにこのモヤモヤした気持ちを相談できないかな

学校の先生を続けていると、「もうこれ以上は無理」と辞めたくなる瞬間がありますよね。

そして、辞められるものなら辞めたい、と思ってしまう。

けれど、いざ転職活動を始めるのか?といわれるとなかなか踏み出せずに立ち止まってしまう。

私もずっと、そうでした。

誰かに相談したくても、反対されるのが怖くてできませんでした。

こんな人に読んでほしい記事です
  • 教員を辞めたい気持ちがあるが、踏ん切りがつかない
  • 転職をしようか迷っているけれど、相談できる人がいない
  • 転職エージェントに相談したけれど相手にしてもらえなかった
この記事を読むとこんなことが分かります
  • 転職エージェントとキャリアコーチングの違い
  • 転職するか迷っているならキャリアコーチングの無料カウンセリングがおすすめな理由
  • 教員からの転職に迷っている人におすすめなキャリアコーチング

この記事では、誰にも相談できずにモヤモヤした気持ちを晴らすために、

キャリアコーチングサービスの無料カウンセリングを紹介します。

この記事を読むと、誰にも言えず悩んでいたその気持ちを晴らす方法が分かりますよ。

この記事を書いた人
めぐ
めぐ

私は6年間小学校教員として勤務しました

2回の転職活動を経験して、民間企業に転職したので

誰よりも教員からの転職で悩んだ経験があります

  • 2019年、26歳 初めての転職活動をして内定2社獲得 →教員続行
  • 2021年 28歳 コロナ禍で2回目の転職活動 内定3社獲得
  • 2021年 4月より、IT系企業カスタマーサポート職として勤務

Twitterで(@mgmg05311)教員からの転職を発信してフォロワーは1900人以上!

まずは、一番おすすめなキャリアコーチングだけ知りたい!という人は

20代の転職支援実績が豊富な UZUZの ニューキャリアというキャリアコーチングサービスがおすすめ

\20代向け!1時間の無料コーチングはこちらから/

それではさっそく説明します。

  1. キャリアコーチングサービスとは?
    1. キャリアコーチングサービスで受けられる内容
  2. キャリアコーチングサービスと転職エージェントとの違い
    1. 料金体系が違う
    2. サービスの目的が違う
  3. 教員から転職するか迷ったらまずキャリアコーチングの体験を受けるべき理由
    1. 転職するかどうか迷っている段階から相談にのってくれるから 
    2. 相談者を第一に考えてサポートしてくれるから
    3. 教員を辞めたい、転職したいという気持ちをフラットに肯定してくれるから
  4. 教員からの転職に迷うときに転職エージェントをおススメしない理由
    1. 転職エージェントは転職する気があることが前提のサポートだから
    2. 転職時期が4月だと、サポートの開始時期が限られるから
    3. 未経験転職だと話を聞いてもらえないこともあるから  
  5. 教員から転職すべきか分からない人におすすめなキャリアコーチングサービス3つ
    1. 徹底的な自己分析が強みのマジキャリ
    2. 20代の転職支援実績がウリのニューキャリア
    3. キャリアコーチングサービス実績No1のポジウィルキャリア
    4. この3つの中で特におすすめなのは?
  6. キャリアコーチングサービスのメリット 3つ
    1. 自己分析によって自分自身を深く見つめ直すことができる
    2. 自分の悩みに寄り添って聞いてくれる
    3. 将来のキャリアを一緒に考えてくれる
  7. キャリアコーチングサービスのデメリット  2つ
  8. 教員から転職すべきか迷うなら、キャリアのプロに相談しよう

キャリアコーチングサービスとは?

まずは、キャリアコーチングサービスとは、何か説明します。

キャリアコーチングサービスとは、

「転職を前提としないキャリア相談」をマンツーマンでコーチと行うことで、

今後のキャリアについてサポートをしてもらうサービス

のことです。

今の自分の状況を把握し、理想とするキャリアを手に入れるためにどのような行動をすればいいのかのサポートを受けることができます。

具体的には

・今の仕事を続けるのは不安だけど、どう行動に移したらいいのか分からない

・自分が何にもやもやしているのか明らかにしたい

といった悩みから相談することができます。

めぐ
めぐ

転職するかどうか、はっきりしていない段階から話を聞いてもらえますよ

キャリアコーチングサービスで受けられる内容

コースによって、多少の違いはありますが、

キャリアコーチングサービスでは次のような相談ができます。

  • 将来や仕事への悩みキャリア相談
  • 自己分析
  • 理想のキャリアを手に入れるための行動計画
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対応

ここまで読むと、

転職しようか迷う教員
転職しようか迷う教員

あれ、転職エージェントでも同じことがしてもらえるよね?

キャリアコーチングは何が違うの?

と思う人もいると思います。

次は、キャリアコーチングサービスと転職エージェントとの違いについて説明します。

キャリアコーチングサービスと転職エージェントとの違い

転職エージェントとの大きな違いは「料金体系」と「サービスの目的」です。

それぞれ説明します。

料金体系が違う

まずは、料金体系の違いです。

転職エージェント

転職したい人は無料で利用できる

キャリアコーチング

転職したい人が料金を払う

転職エージェントを無料で利用できるのは、

採用が決まると、企業が転職エージェントに紹介料を払うからです。

この、「採用が決まると紹介料が支払われる」というところが、

転職しようか迷う教員には不向きな部分があります。後半で詳しく解説しますね。

サービスの目的が違う

次は、サービスの目的の違いです。

転職エージェント

転職したい人と企業を結び付ける

キャリアコーチングサービス

今後のキャリアについて考え、行動に移す

転職エージェントは転職することがゴールです。

キャリアコーチングサービスでは、転職はあくまでも手段

自分らしい生き方を実現するために、転職が必要だったら転職をするし、現職に残った方が良ければ、今の仕事を続けるという選択の提示もあります。

他にもキャリアコーチングサービスと転職エージェントの違いについては下記の表にまとめてあります。

転職エージェントキャリアコーチングサービス
サービスの仕組み採用が決まったら企業が紹介料を払う
転職者は無料
転職者が相談料を払う
料金無料有料
相談内容転職を前提とした
相談ができる
転職するかどうかも含めて
相談ができる
自己分析書類作成に必要な部分だけのサポートコーチングを通して
徹底的な自己分析ができる
求人紹介自社求人の紹介求人の紹介はせず
アドバイスのみ
転職対策書類作成
面接対策
企業への応募
書類作成
面接対策
おすすめな人どんどん転職活動を進めたい人
求人の紹介をしてほしい人
まずは自分のキャリアをはっきりさせたい人
転職するかどうか公平な意見が聞きたい人

「教員を辞めたいけど迷う…」

「まだ転職すると決めたわけではないけど、誰かに相談したい」

という人こそ、ぜひ、キャリアコーチングサービスの無料相談を活用してほしいです。

教員から転職するか迷ったらまずキャリアコーチングの体験を受けるべき理由

どうしてキャリアコーチングサービスの無料体験を受けるべきかという理由を説明します。

その理由は3つです。

  • 転職するか迷っている段階から相談にのってくれるから
  • 相談者を第一に考えてサポートしてくれるから
  • 教員を辞めたい、転職したいという気持ちをフラットに受け止めてくれるから

転職するかどうか迷っている段階から相談にのってくれるから 

キャリアコーチングサービスは、「将来のことを考えると、転職すべきなのか迷う」というように

転職するかどうか決めていない段階の人も対象になっています。

「どうして転職したいと思っているのか」

「転職することで何を実現したいのか」

というところから、相談に乗ってくれます。

この段階から話を聞いてもらえることで、

自分の悩みがどこにあるのか、転職することで悩みが解決できるのかが明らかになります。

相談者を第一に考えてサポートしてくれるから

キャリアコーチングサービスは、無料相談後は相談者から相談料をもらうサービスです。

そのため、「相談料の、きちんと値を提供する」ことがサービスの目的になります。

一方で、転職エージェントは、企業からお金をもらう仕組みのため、企業側に合わせたサポートになってしまうことも。

キャリアコーチングサービスは、企業からお金をもらわない仕組みにすることで、相談者に寄り添うことを実現したサービスです。

相談者のがどう在りたいか、どうなりたいか、を第一に考えたサポートを受けることができます。

実際に、最終満足度はポジウィルが94%、マジキャリは92%と非常に高いです。

めぐ
めぐ

満足度の高さからも、相談者のことを第一に考えていることが分かりますね

教員を辞めたい、転職したいという気持ちをフラットに肯定してくれるから

教員が辛い人
教員が辛い人

もう教員を続けるのは限界、辞めたい…

という話を、気軽にできる第三者を見つけるのはなかなか難しいです。

職場の先生には言いづらいでしょうし、家族に話すと「どうして?」「もったいない」「安定しているのに」と否定的に捉えられることもありますよね。

キャリアコーチングサービスは、キャリアの悩みを解決することが目的なので、

「教員が辛い」「辞めたいと思っている」という人の悩みに対して、第三者の公平な立場から受け止めてくれます。

「相談したら、否定されるんじゃないか」と心配する必要はありません。

むしろ、なぜそう考えているのか?どうしたら解決できるのか?を一緒に考えてくれる存在です。

\徹底的な自己分析が無料で受けられる/

次は、転職しようか迷っている段階では転職エージェントをおすすめしない理由について、お伝えします。

教員からの転職に迷うときに転職エージェントをおススメしない理由

教員からの転職を迷う段階で転職エージェントをお勧めしない理由は次の3つです。

  • エージェントは転職する気があること前提のサポートだから
  • 転職時期が4月だとサポートを受けられる時期が限られるから
  • 未経験転職だと相手にしてもらえないこともあるから

これらは全て「転職エージェントが、採用が決まると企業からお金をもらう」という仕組みで成り立っているから、発生してしまいます。

言い方を変えると、

転職エージェントがサポートをした人が、内定が決まらなければ、転職エージェントは完全ボランティアになってしまう、ということです。

転職エージェントも、ボランティアではないので、サポートした人には紹介した求人の中から内定を獲得してもらう必要があります。

それゆえに、転職しようか迷っている人に対してはおすすめできない理由があるのです。

次で詳しく説明しますね。

転職エージェントは転職する気があることが前提のサポートだから

転職エージェントの目的は、「転職したい人と企業を結び付けて、企業から紹介料を得ること」です。

つまり、ある程度「転職活動をする気がある人」を前提をしているんです。

「転職しようか迷っています」という状態の人は、転職エージェントとしてはサポートをする価値はあるのか怪しいですよね。

エージェント側からしたら、話を聞いても、実際に求人に応募するかどうか分からないのだから、当然ともいえます。

そのため、転職するかどうか迷っているという段階では、転職エージェントには話を熱心に聞いてもらえない可能性があります。

また、転職することが前提のため

「なぜ転職したいのか」「転職することがベストなのかどうか」という点については相談なしに進んでしまうことも。

転職するか踏み切れていない状態で転職エージェントに相談しても考えるべき大切なポイントを外してしまうことになるかもしれません。

転職時期が4月だと、サポートの開始時期が限られるから

転職エージェントに相談をすると、まず聞かれるのは「転職するのはいつですか?」ということ。

というのも、転職エージェントは初回の相談から内定獲得までおよそ3ヵ月間のサポートを想定しています。

教員からの転職で一番多いのは4月入社。

早くて1月に内定を獲得するとしても、転職エージェントが相談に乗ってくれるのは11月以降です。

めぐ
めぐ

実際に私も11月にまた相談してください、と言われたエージェントが2社ほどありました

転職しようか迷っていて、話を聞いてほしいと思っても、相談できる時期が限られてしまうのです。

未経験転職だと話を聞いてもらえないこともあるから  

転職エージェントは、自社の求人を紹介して内定がもらえなかった場合には、完全にボランティアになってしまいます。

そのため、教員からの転職のように、未経験転職では紹介できる求人がない、と判断されると

相談すらさせてもらえず「紹介できる求人はありません」と話を聞いてもらうこともできません。

私も、WEB系に特化したエージェントサービスでは、メールのみでお断りされてしまいました。

「この人は内定を獲得できそうにない」と思われたら、相談をすることすらできない場合もあるのです。

教員から転職すべきか分からない人におすすめなキャリアコーチングサービス3つ

まだ、転職するかどうかは決まっていない、教員を辞めるべきなのか分からない、という人におすすめなキャリアコーチングサービスは次の3つです。

転職しようか迷う教員におすすめなキャリアコーチングサービス
  1. マジキャリ:徹底的な自己分析と転職市場の情報量が強み
  2. ニューキャリア:専務による科学的な自己分析と20代向けの転職支援実績が豊富
  3. ポジウィルキャリア:キャリアコーチングサービスの先駆け。実績No.1

それぞれの特徴と強みを紹介します。

徹底的な自己分析が強みのマジキャリ

特長と強み
  • 自分の幼少期から振り返る徹底的な自己分析
  • 人事や転職支援経験の豊富なサポートで現実的なキャリアプラン
  • 転職エージェントにはできない支援をという熱量

マジキャリのキャリアコーチングサービスでは、

幼少期からの自分自身について振り返ることで、自分の価値観の軸を見つけることができます。

転職エージェントでは受けられない「自己分析」について、無料カウンセリングで体験ができるというのはマジキャリの一番のおすすめポイント

また、マジキャリは転職エージェントも運営しているので、実際の転職支援実績に基づいて現実的なアドバイスが受けられます。

関連記事マジキャリの評判と特徴!徹底的な自己分析がウリのキャリアコーチングとは?

20代の転職支援実績がウリのニューキャリア

特長
  • UZUZ専務による質の高いコーチング
  • 科学的な自己分析な自己分析
  • 20代の転職支援実績に基づいたサポート

ニューキャリアは株式会社UZUZのキャリアコーチングサービスです。

UZUZはウズキャリ第二新卒 という転職エージェントで20代に特化した転職支援を行っています。

既卒や、未経験転職など、キャリアに自信のない人に向けた転職支援を中心に行っています。

この未経験転職に特化しているというところや、20代の転職支援を行ってきた実績を基に、

転職をするかどうか迷っている人に寄り添ったコーチングを受けられます。

また、サービス立ち上げの今だからこそ、UZUZ専務に直接コーチングしてもらうことができます。

関連記事ニューキャリアの評判と特徴!UZUZ専務が直接コーチング?

キャリアコーチングサービス実績No1のポジウィルキャリア

特長
  • キャリアコーチングサービスの実績1万人以上
  • 転職エージェントにはできないマンツーマンサポート
  • 自分はどうありたい?を深く考え抜くコーチング

ポジウィルキャリアは、キャリアコーチングサービスの先駆け的存在。

これまでに支援した実績は10000万人以上で、満足度の高さから、他のキャリアコーチングサービスのお手本的存在です。

株式会社ポジウィルが運営していて、ポジウィルだけは転職エージェントをもっていません。

まずは徹底的に「自分がどうありたいのか?」を考え抜き、そこからゴールを考えていくコーチングスタイルです。

また、公式サイトでも「本当に必要な人にだけ、トレーニングを紹介します」と記載があり、

「無料相談の後に無理やり勧誘されないかな?」と心配な人にとっては安心して申し込みができますね。

関連記事ポジウィルキャリアの評判と特徴!キャリアコーチング実績No.1のサービスとは?

この3つの中で特におすすめなのは?

マジキャリ、ニューキャリア、ポジウィルキャリアと、3つのキャリアコーチングサービスを紹介しましたが、特に転職しようか迷っている教員におすすめなのは ニューキャリア です。

理由としては、

サービスの対象年齢が20代に向けたキャリアコーチングサービスであること

ウズキャリ第二新卒 で20代の転職支援を行っていて、実際の転職市場を踏まえた話が聞けること

の2点です。

このブログを読んでいる人の多くは教員1年目~6年目ぐらいの20代の先生だと思っています。

また、実際に転職しようか迷う理由として転職活動に対する不安もあるでしょう。

ニューキャリアのコーチングであれば、

対象年齢もあっており、実際に転職活動をしたらどうなるかも話を聞くことができますよ。

\20代の転職しようか迷う教員におすすめのキャリアコーチングサービス/

ただし、ポジウィルキャリア や  マジキャリ も評判がとてもよく、担当のコーチとの相性もあるので、気になる人は複数申し込んでみるのもいいですね。

キャリアコーチングサービスのメリット 3つ

では、キャリアコーチングサービスを受けるとどんなメリットがあるのでしょうか?

そのメリットは次の3つです。

  • 自己分析によって自分自身を深く見つめ直すことができる
  • 悩みに寄り添って聞いてくれる
  • 将来のキャリアを一緒に考えてくれる


それぞれ順に説明します。

自己分析によって自分自身を深く見つめ直すことができる

キャリアコーチングサービスの一番のポイントは、自己分析をしっかりと行うことができる点です。

教員としての働き方があまりにも辛いために、自分が今、何にストレスを感じていて、どういう状態になれば理想的なのかが、あやふやな人もたくさんいると思います。

キャリアコーチングサービスを受けることで、コーチと一緒に、自分の考え方の軸を整理することができます。

自分の悩みに寄り添って聞いてくれる

「教員を辞めたい」と思う気持ちを、誰かに吐き出すだけでも、かなりすっきりすると思います。

実際、「辞める」と決めていなくても「辞めたい」と思ってしまう気持ちを肯定してもらえる人がいるかどうかで、自分の心の持ちようが変わってきますよね。

転職やキャリアの形成に詳しく、かつ、転職したいと悩む気持ちに耳を傾けてくれるのは、

キャリアコーチングサービスの特権だと思います。

転職エージェントだと、どうしても内定を取れるかどうかにかかってきてしまうので、

悩みに寄り添うというところからは外れてしまうでしょう。

将来のキャリアを一緒に考えてくれる

キャリアコーチングサービスでは転職を前提とはしません。

今の自分の悩みが転職をすることで解決されるのかどうかから考え、

転職が必要ということになればどんな方向性がいいのかを一緒に考えてくれます。

「今の教員という仕事が辛い」

「これから先、どんな方向性で進めていけばいいのか」という

スタート地点から、将来のキャリアを一緒に考えてもらうことができますよ。

キャリアコーチングサービスのデメリット  2つ

一方でキャリアコーチングサービスにはデメリットもあります。

それは2つです。

  • 2回目以降は費用がかかる
  • 転職が保証されているわけではない

どのキャリアコーチングサービスも2回目の相談からは有料になります。

また、一番安い  ニューキャリア の自己分析コースでも22万円からと、決して簡単に出せる金額ではありません。

そのため、もしも契約するのであれば、無料カウンセリングを受けて納得をした上で契約をしましょう。

また、これは転職エージェントを利用する上でもそうですが、キャリアコーチングに申し込んだからといって転職が成功するわけではありません。

特に、キャリアコーチングでは、「求人は紹介してもらわない」ので、実際に求人を探すときには転職エージェントに相談したり、転職サイトに登録したりして併用することをお勧めします。

転職エージェントについてはこちらの記事にまとめています。

教員から転職すべきか迷うなら、キャリアのプロに相談しよう

教員を辞めようかまだ決めかねている

どうやって決断を下したらいいか分からない

そもそも、どうして転職したいのか、転職して何がしたいのかわからない

そんな人にこそ、まずはキャリアコーチングの無料相談をおすすめします。

転職ありき、でないからこそ、自分の悩みにコーチと一緒に向かい合うことができますよ。

キャリアコーチングサービスのコーチはみな、キャリアのプロなので、

あなたの悩みに合わせたアドバイスをしてくれます。

ひとりで抱え込まないで、モヤモヤする気持ちを吐き出してみませんか

\20代の転職しようか迷う教員におすすめのキャリアコーチングサービス/

人気記事次の3月に教員から転職したい!転職を成功させるロードマップ

人気記事教員が辛いのは当たり前【あなたは悪くない】

タイトルとURLをコピーしました